MacOS Big Surにしてから見つけた不具合まとめ。新しいMacbookを買う前にチェックしておくべきこと

新しいMacbook Pro / AirがAppleシリコンM1チップとともに発売され、良いニュースばかり流れているので個人的に見つけた不具合をまとめてみる。ちなみに、Macbook pro 2020年モデルでで検証しました

MacOS Big Surにアップグレードしてから動作しなくなったもの

OSをBig Surにアップグレードし、新しいEvernoteをインストールしてから以前から利用していたシンプルなAutomatorで作ったAppleScript が動作しなくなった。Big Surのせいなのか、Evernoteのせいなのかわからなかったが、どうやら新しいEvernote version 10のせい

今のところ、AppleScriptをEvernoteと動かしたい場合は、古いバージョンをインストールするしかない。近い未来、Evernoteがサポートする可能性もありそう

これ以外にもプログラミングのペッケージツールであるHomebrewというツールも動作しなくなった。デベロッパーコミュニティーを覗いてみると、これから少しずつ以降していくようだし、一部はもうすでに動作確認済み。案外、すぐに動作するようになるかもしれない

これからのMacとAppleScript

Macを昔から使っている人は結構Automatorで簡単なプログラムを使っていて、仕事効率化にはかかせないツールという人も多いとおもう。しかし、Appleはもうずいぶん長い間AppleScriptをサポートしていない。例えば、Big Surの主要アプリである地図、MessagesアプリはAppleScriptをすでにサポートしていないし、これからもされないだろう。もう、AppleはAppleScriptを見捨てているのかもしれない。もしかしたらiOSのショートカットがこれにとってかわるのかもしれないが今のところAppleScriptのように自由にコードを書くことができない。

AppleScriptはBig Surでも動く

基本的にはAppleScriptはBir Surでも動くが、一部動作しないもの、しないアプリなどがあるみたい。これからBig Surに以降しようとする人は気をつけた方が良い