オーストラリアの粗大ごみの捨て方。机や衣装ケースは捨てても大丈夫?

住む地域によってルールが違うが、オーストラリアは日本ほどゴミ捨てに厳しくない。しかし粗大ごみの捨て方に関しては厳しい罰金などが課せられるので注意が必要。地域ごとにカウンセルがルールを消えるのでそのルールに従おう。

地域ごとのルールを知るために、まずはCouncilを探します。注意しなくてはいけないのは家電の捨て方。家具などと違い、冷蔵庫電子レンジ洗濯機などは捨てるのが難しい。Councilをによって扱い方が違うがだいたい年に2回の回収日に合わせて捨てるのが一般的。

オーストラリアに来て間もない人は家具や生活用品を買う時にして安いもの、運びやすいものを選ぶのがいいと思う。IKEA のような家具は壊れやすく、パーツが多いため、あまり選ばない方がいいかもしれない。引っ越しの時に壊れてしまったり、解体するのが不可能なほど複雑なものもある。

オーストラリア地域別粗大ゴミの捨て方

私の場合は、Inner Westなので、Inner West Council。どのCouncilかわからない場合は、サバーブの名前とCouncilと検索すれば、一番上に出るはずです。

オーストラリアで粗大ごみを「hard rubbish」といいます。もしくは「large item」

hard rubbishをオーストラリアで捨てる場合、基本2つの方法があり、

  1. Councilが年に数回hard rubbishを集める日があり、その前日に粗大ごみを出しておきあとはピックアップされるのを待つタイプ(Scheduled Council Clean Up)
  2. 粗大ごみを捨てたい人が直接Councilに希望日を指定し、予約をすればピックアップしにきてくれるというタイプ (Council Booked Clean Up)

Scheduled Council Clean Upの方が白物家電など多くの粗大ごみに対応しているので事前に捨てたいものがわかっているなら、この日に合わせて捨てるのがベスト

Booked Clean Up

引っ越しなどCouncilのスケジュールに合わせられない時は、ふたつめのCouncil Booked Clean Upになる

Inner West Council のBooked Clean Upの場合、以下のような規定があり、それに合わないものはピックアップしてもらえないので注意。

指定日前日の夜に粗大ごみを路肩に出しておく(参照:以下のCouncilのサイトから写真で確認)。車道よりの歩道に粗大ごみをおいておくと朝一番にピックアップしてくれる。他のゴミと見分けるために私の地域の場合は、事前に予約すると蛍光色の大きなシールを貰えるのでそれを粗大ごみに貼り付けておく

オーストラリア粗大ごみの捨て方には細かい指定がある

私が以前住んでいた地域の捨て方は以下の通り。一人で運べないものは捨てないと書かれているが今現在住んでいるところのルールはこれが書かれていない。例えばソファとか一人で運べないと思えるものも捨てて良いと書いてあるため、地域によってルールが微妙に違うので注意

We collect different items in a booked clean up. See list of items below.
Keep your clean up items to less than 1 cubic metre in size (approximately 8 garbage bags) otherwise it will not be collected.
Only items that can be lifted by one person will be collected.
Don’t forget to plan ahead and book at least three weeks in advance.
Items are collected on Mondays.
Please place items neatly on the kerb the night before your collection. Any items placed out earlier could be considered illegal dumping.
The free booked clean up service does not operate during the May and November scheduled Council clean ups,
What we do collect
Garden waste, tied in bundles or bagged
Damaged household items
Old furniture
Items less than 1 metre in length

粗大ごみのサイズ

Items less than 1 metre in lengthとはつまり、1mの立方体のサイズまでならカウンセル側がピックアップしてくれるということ。(1m か、1.5mかはカウンセルによって違いがあるようです)

Councilに、少しでも1m を超えるものは捨てられないのか聞いてみたところ、大体なので細かいサイズまでは気にしなくてもよいと言われました。ベッドのフレームなんかは2mのサイズだけど大丈夫とのこと

一番エコな粗大ごみの処理の仕方

ここでは捨て方について解説したが、一番良いのは誰かに譲ること。Gumtreeなどでほしい人を見つけてお金を儲けることもできるかもしれない。もし価値のないものなら、ただで譲れば処理する手間も省ける。